スポンサーサイト

  • 2015.12.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    どうやら私は倒錯しているらしい

    • 2013.12.27 Friday
    • 22:17
    JUGEMテーマ:趣味
    そうですね、再開後いきなり更新が停滞してることからもお気付きでしょうが、備忘録等と言いつつも、それすら満足に出来ないほど怠惰的に生活しております。

    まぁ、ブログなんてものは自慰的なモノ以外の何者でもないので、良しとします。

    上記のように、自らへの言い訳とともに甘やかすことは決して悪ではないと。
    よくある自己啓発本のように、誰もが「自己の成長」を望んでいるわけではないのでしょうし
    普通に生きることさえ、難しく感じる自分自身にとっては仕事、生活共に現状を維持するだけで精一杯なので。


    閑話休題


    再開後の初投稿後、普遍の生活を送っておりました。
    仕事へ行き、疲れ、帰宅後は洋画を見つつ酒をあおり、毛布に包まり惰眠を貪る。

    何のことは無い、ただの惰性で生きているではないか
    否、冬季に置いては、昨年より休日を有意義に過ごす方法を得ました。

    ええ、スノーボードですよ、奥さん。
    ああ、ウインタースポーツですね、お嬢さん。

    前記の通り昨年より、会社の後輩の薦めもあって、人生において初めてといっても過言ではない“休日にスポーツを行う”
    学生時分から運動はからっきしでしたからね。

    雪国で生まれ育ち、仕事においても、お日様の出ている時間はどのような天候でも外にいるような生活を送っていながら
    頑なに室内に閉じこもる休日を過ごしてきた今までの日々が、勿体無く感じるほど魅力的な世界ですね。

    一面の銀世界に投げ出され、いざ滑り出せば、風の抵抗と疾走感に胸が高鳴り、女性ボーダーに目を奪われ、3回転半の転倒。
    気が付けば首筋に仄かな痛みを感じながら、青く晴れ渡った空が眼前に広がります。

    友人と、会社の後輩と、時には一人で。
    女性を連れてと書けないところが我ながら情けなくもありますが・・・

    以前であれば
    「ただでさえ寒いのに、何故わざわざ寒い所に赴くのか気が知れない」
    と一蹴していたのですが、やはり何事も実を伴う経験が無ければ、気を知ることも無ければ自らの領域を広げることは適いません。

    社会に出るときに、保護と自由を捨て、金と義務を得たつもりでしたが、自由というものには種類があったようです。

    気が付けば、周囲から『馬鹿』じゃないのかと褒められるほど、雪山に惚れ込んでしまいました。
    まぁ、本来の意味でも馬鹿ではあるんですがね。

    平日の仕事終わりに1時間かけ、雪山に向かい、3時間ほど滑り帰宅。
    休日ともなれば朝はイの一番から滑り始め、雪を舞い上げ奇声を発し、帰路につくころには外は暗く、疲労感と空腹に充実感さえ覚えているわけです。
    技術のほうは日数なりのものしかありませんが、それでも十二分過ぎるほどに楽しめます。

    日々の天候に左右され、雪面状況も刻一刻と変わり、行く度に新たな地形や技術的な発見があり、遊び方も様々に変化するところに魅力があるのかもしれませんね。
    これは『恋愛にも似ている』と書いてて思ったのですが、生憎、恋愛の経験がありませんでした・・・無念・・・

    稚拙かつ乱雑ではありますが、長くなった上にまとまらそうなので終いです。




    うっしゃ、明日も忘年会前にすべるぜー!URYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!

    心機一転して

    • 2013.12.01 Sunday
    • 23:29
    黒歴史と化した自慰ブログを、備忘録的に使うことにした。
    それに伴い、過去記事の消去、みくそからのプロフ流用、自慰、デザイン変更等、翌日仕事にも拘らず、生産性の無い事を行う自分を鑑みる。







    駄目だ、酒飲んで気分を変えよう。




    酒だ!酒を持って来い!酒だ!!

    ポディポディ

    • 2006.06.20 Tuesday
    • 16:53
       ※記事についてのお詫び※

     皆様にポディマハッタヤさんについてトラックバックを
     いただいている当ブログですが、失礼な事に
     「ポディマハッタヤさんは亡くなったそうです」と
     誤った情報を載せてしまいました。
     誤った情報に流されてしまった事を
     深く反省しております。
     ポディマハッタヤさんにも大変失礼な事を
     してしまいました。
     まことに申し訳ございませんでした。 

     現役を引退はしていたそうですが
     まだお元気だそうです。
     謝罪と共にポディマハッタヤさんの
     これからのご健康を願っています。
     
                   からし

      

    ================================


    とうっ!⊂(´A`⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡  ジュサー

    ども、からしだす( ´A`)ノ

    んむ、相変わらず切り出しが適当だな・・・( ´_ゝ`)
    まっ、いいかw
    んで、本題

    トラバ採用されたようなので記事age


    皆さんは覚えているでしょうか?

    おそらく全国の小学生を驚愕爆笑の渦に巻き込んだ彼のことを・・・


    そう、彼の名は・・・

     「ポディ・マハッタヤさん」 

    ・・・覚えてるかい?w

    鉛筆の芯のとこの黒鉛を削りだすお仕事をしてらっしゃる彼ですw

    私も当時そのバイオレンス華麗な名前に大変Σ(゚Д゚ノノしましたw

    彼の名前に衝撃を覚えた方は少なくは無いはず( ゚∀゚)!

    彼の出ていた単元は確か・・・「一本の鉛筆の向こうに」

    鉛筆の出来るまでの過程を紹介していく話だったと思います

    そこで出てきたのが


    芯となる黒鉛を削りだすポディ・マハッタヤさん

    鉛筆の基礎となる木を切り倒すトニー・ゴンザレスさん

    その木をトラックで運ぶダン・ランドレスさん

    そして最後に加工・塗装をする日本人の大河原さん



    クラスの「小島」って名前の子はこの単元になると

    「ポディマ」と言うあだ名をつけられてた気がしますw

    幼心に自分の使ってる鉛筆一本に

    どれだけの人の支えがあるのだろうと

    思った記憶があります・・・


    どうです?思い出してきましたか?

    突然こんな話題を出してすいませぬ( ´・ω・`)

    でもね、彼の事覚えてる人は居るはずだと思い

    書いちまいました(;'A`)大目に見てね

    黒鉛を掘るポディマハッタヤさん

    ポディさん(*´д`)

    ポディさんの掘り出した黒鉛

    掘り出した黒鉛



    --------------------------------------------------------------------

    ( ゚Д゚)・・・あぁ・・・NHKから取材の依頼来てた・・・

        普段見ないアドの方だったから今まで気付かなかった

           Orz

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << November 2016 >>

    Amzonアフィ

    サーチボックス

    フィギアランダム

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM